株式会社新日本テック

トップメッセージ

私たちと一緒に、微細精密加工で豊かな未来を目指しませんか

YASUO IZUMI和泉康夫株式会社新日本テック 代表取締役社長

プロフィール
飛行機などのプラモデル製作からものづくりに関心を持ち、機械のエンジニアとなりました。自動機械や金型を設計製作する中で、優れた機械はシンプル、スモール、サイレントの3要素を持つべきとの考えに至りましたが、人や組織はワイワイガヤガヤとした明るい活気に満ちているのが好きです。2006(平成18)年に(株)新日本テックの社長に就き、「微細精密加工で未来を切り拓く」との方針を出し、旬のネタを鮮度よく明るく元気に提供する「寿司屋型ものづくり」を進めています。2010(平成22)年、自社のものがたりをお互いに協力してもっと面白くしていきたいと思う経営者仲間とともに株式会社大阪ケイオスを設立、人材の採用と育成を中心に、様々なイノベーションに取り組んでいます。趣味のギター演奏は、好きな曲を楽しく弾くことができればと36歳にはじめ、職場でも昼休みに練習、今でも年に一度程度は発表会に出ています。最近は演歌の演奏が増えてきました。座右の銘は「進取果敢」、人生理念は、まだまだできていませんが「人が元気に成長できる場を創る」です。

皆さんはラフティングをご覧になったことがありますでしょうか。

ラフティングとは、ゴムボートに乗り、手にパドルを持って川を漕ぎ下るスポーツです。船が激流にさしかかれば、クルー全員が周囲に気を配り、岩を避けて難所を抜けきらねばなりません。

変化が激しい現代はまさしく激流と言えます。
新製品がめまぐるしく登場する現代のものづくりもまた然りです。

当社は、微細精密加工技術を通して未来を創造する企業です。自然界で最も硬いダイヤモンドをも加工する技術で、次世代製品の創出をお手伝いしています。

金型づくりもラフティングと同様、関係者が加工や処理によって刻々と変化する材料の様子に常に注意し、お互いに声をかけ合い迅速に仕事を進めていきます。

一人ひとりが磨いた技術をお互いに繋ぎあわせて、本物ができあがるのです。私たちの船は、全員が全方位を見すえながらチーム一丸となって漕ぎ進む船です。私たちと一緒に、微細精密加工で豊かな未来をめざして漕ぎ出してみませんか。

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

総務課 中西までご連絡をお願いします。